コンテンツビジネス専攻 

知的財産管理技能検定1級(ブランド専門業務)学科対策講座 2018年1月21日〜(全2回)

2018年3月11日(日)に実施される「知的財産管理技能検定1級(ブランド専門業務)学科試験」に先がけ、知的財産の専門知識豊富な講師による、対策講座を開講いたします。

今後ブランド専門業務の受検をお考えの方や、より知識を深めたい方にも受けて頂きたい講座です。 知的財産管理技能検定は国家資格です。「1級(ブランド専門業務)」の受検者像は、広く「ブランド担当者=企業内のブランドマネジメント及び法務(商標・意匠とそれに関連する契約等)に携わる者」を想定しています。

具体的には、企業内におけるブランド・マネージャー、商標・意匠グループ責任者、広報・宣伝部門責任者、マーケティング・マネージャー、経営企画担当者等です。

本講座は、1級合格を目指す方に向けて、過去問題を徹底的に解説するとともに、出題予測に基づく予測問題の実施、解説を行います。是非、有意義にご活用いただき、1級合格を目指しましょう。

実施要綱

開催日時 2018年1月21日(日) 講師:東谷幸浩
(1)10:30〜12:00 過去問題解説「外国権利化 ①」
(2)13:00〜14:30 過去問題解説「外国権利化②」
(3)14:45〜16:15 過去問題解説「ブランド関連法規」
(4)16:30〜18:00 予測問題 実施、解説

2018年2月11日(日) 講師:上沼紫野
(1)10:30〜12:00 過去問題解説「資金調達」「価値評価」「リスクマネジメント」
(2)13:00〜14:30 過去問題解説「契約、エンフォースメント」
(3)14:45〜16:15 過去問題解説「ブランド戦略、情報・調査、国内権利化」
(4)16:30〜18:00 予測問題 実施、解説

会場 東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ
東京都新宿区下落合1-1-8(東京アニメーションカレッジ専門学校2F)
アクセス http://tcpl.jp/about/access JR高田馬場駅から徒歩5分
講師
higashitani120
【1月21日】
東谷 幸浩(正林国際特許商標事務所パートナー弁理士)早稲田大学社会科学部社会科学科卒。筑波大学大学院企業法学専攻修了(法学修士)。 1993年弁理士登録、2005年特定侵害訴訟代理業務付記登録。1991年から国内特許事務所、国内特許法律事務所において勤務。2012年より正林国際特許商標事務所パートナー。延べ約200件の異議申立及び審判請求事件の代理人を務め、商標権侵害事件、審決取消訴訟事件の訴訟代理人も勤める。景表法、不競法に関する法律相談、著作権登録、税関における侵害物品の水際取締りの申請代理も担当。2011年から2012年まで、特許庁工業所有権審議会弁理士審査分科会試験委員。2010年(から現在)、経済産業省不正競争防止法違反物品水際対策懇談会委員。
uenuma_shino
【2月11日】
上沼 紫野(虎ノ門南法律事務所弁護士、ニューヨーク州弁護士/TCPL「契約」主任講師)東京大学法学部卒業後、Washington University in St.LouisにてLL.M.(法学修士号)取得。米国の法律事務所での研修を経て、国際ビジネス法務、知的財産権関連事件、IT関連 事件を中心に業務を行う。一般社団法人モバイルコンテンツ審査・運用監視機構常任 理事、経済産業省「電子商取引及び情報財取引等に関する準則」策定メンバー等をつとめる。主な著書「著作権法コンメンタール」(共著レクシスネクシス・ジャパン 2013年)「クラウドビジネスと法」(共著 第一法規2012年)など。
受講料 38,000円(税込)
※お申込みメールを確認後に、お振込先などの返信をさせていただきます。
※カード決済(Squere請求書・JCB、Diners Club、Discover、VISA、Mastercard、American Express)が可能です。備考欄にカード決済希望とご記載ください。
割引 ・知的財産管理技能士:20%割引
→お申込みフォームの知的財産管理技能士(会員番号)ご記入の上、「備考・お問合せ」欄に、知的財産管理技能士会割引希望とお書きください。また、申請中の方はその旨もご記入ください。

・学生:20%割引
→大学生(学部生)・短大生・専門学校生(認可校)・高専生 で、年齢が25歳未満の方が割引対象です。
割引を希望される方は、お申込みフォームの「学校名・または社名」「学科・学部または部署名」の欄に、必ず記入いただき「学生割引対象者」の「はい」にチェックを入れてください。

・TCPL受講経験者:20%割引
→割引を希望される方は、お申込みフォームの「TCPL受講経験」の「有」にチェックを入れてください。
※どちらもご記入がない場合は、一般扱いとなりますのでご注意ください。

定員 20名(最少開講人数10名)
*最少開講人数に達しない場合は開講を中止することがあります
お問い合わせ 東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ事務局 kouza@tcpl.jp

この講座に応募する