劇伴作曲家コース ~山口ゼミ~

コロナウイルス拡散防止のため緊急事態宣言の出た状況等も鑑み検討した結果、今回の講座はオンラインで実施することに致しました。本講座でもこれまでオンラインでのサポート体制は実施されてきており、オンラインでも十分な成果が出せると考えております。是非、本講座の受講をご検討ください。

業界標準、完全プロ志向の作曲家育成

年間テーマ:劇伴作曲家になる方法、稼ぐ方法

 劇伴作曲家という厚いベールに包まれた世界に入り込む方法を知らせるための講座として5年間やってきました。その実績、経験を踏まえて、2020年度の本講座は、より実践的にパワーアップします。業界の現場を知る、プロとして活動するマインドを持ち、戦略的に行動するというプロ作曲家養成講座~山口ゼミ~のコンセプトを、プロの劇伴作曲家を目指す人向けに具体化しました。実践的かつ戦略的に劇伴作曲家になる方法を指南する内容になっています。

 具体的な柱として、
1)劇伴作曲家としての売込み戦略を考える。
2)AudioStockからのフィードバックを活かす。
 を年間を通して、行います。

 講座を受けながら、自分の劇伴作曲家としての売り込みデモをブラッシュアップしていきます。ゲスト講師の方にアドバイスをいただきながら、どこにどんな風に売り込んで行くのかを考えます。同時に、映像BGMとして存在感を増しているAudio Stockで、クライアントに買われる音源をどう作るかも研究します。Audio Stockを運営するクレオフーガの西尾社長に具体的なアドバイスを頂き、販売状況をフィードバックして作品作りに活かします。

 より実践度を増した山口ゼミ劇伴作曲家コースを、キャリアアップの機会にご活用ください。コロナ禍による社会情勢を鑑みて、オンライン講座に変更しました。自粛による「巣ごもり」期間は、作曲家にとっては作品を作りためたり、スキルアップするチャンスでもあります。しっかりレベルアップの機会にしましょう。

塾長コメント

「業界標準、完全プロ志向の作曲家育成」というテーマで、2013年1月から山口ゼミを始めてから、発見したことはいくつもありましたが、その一つが、「劇伴」志望者が多いことでした。ドラマや映画のサウンドトラックを作る仕事はやり甲斐のある、素敵な仕事ですが、実績のない音楽家が入り込むことは容易ではありません。Jポップの作曲家になるのも狭き門ですが、劇伴作曲家になる門は、普通には見つけられません。
 そこで、2015年から劇伴作曲家コースと開講しました、フジテレビが関連するすべての映画ドラマの音楽制作を管轄しているフジパシフィックミュージックのネットワークとノウハウをご提供いただいて、山口ゼミのコンセプトである「今の現場を知る」実践的な内容で行っています。具体的な成果も上がってきていて、劇伴音楽の仕事に関わる修了生が増えています。山口ゼミ受講生同様、過去の受講生がコミュニティ的に交流する場も作っていますので、劇伴作曲家仲間が持て、業界のリアルな情報に触れられるというメリットもあるでしょう。
 劇伴音楽の世界は、閉ざされた世界で、入るこむことが非常に難しいところです。即戦力の実力とやる気がある人しか、そもそも可能性ある入口に立てない、コンペにも参加できない、厳しい世界です。僕はその状況を「Jポップの作曲家になるのは狭き門だけれど劇伴作曲家には門がない。そこにハシゴをかけたよ」と説明しています。
 劇伴音楽のプロになりたい人は、このハシゴを駆け上ってみてください。

講師

株式会社クレオフーガ 代表取締役社長

西尾 周一郎

1982年岡山県生まれ。4歳からエレクトーンを習い始め、学生時代はバンド活動や音楽制作にのめり込む。岡山大学在学中にビジネスプランコンテストで優勝するなどの経験を経て、2007年に音楽サービスを提供する株式会社クレオフーガを設立。「音楽を生み出す人をハッピーにする」を理念として、ストックミュージックサービス「Audiostock」等の開発運営を行う。 Audiostockでは音楽の使用ライセンスを売買できる場を提供。映像制作者には簡単に利用許諾を得て音楽を使うことができるサービスとして提供し、クリエイターは自身で制作した音楽を登録して売上に応じた印税を受け取れることで収益化を支援している。

ー 講師より一言 ー
AudiostockはテレビCM、SNSの動画広告、YouTuberや芸能人のYouTubeチャンネル、など様々なシーンでご利用いただけるようになってきました。劇伴作曲家の皆さまにとっても、お蔵入りした作品を収益化する手段であったり、実験的な作品を置いていただいたりと、Audiostockをうまくご活用いただければ嬉しく思いますし、本講座を通じてそのサポートができればと思います。

林ゆうき

1980年生まれ / 京都府出身 元男子新体操選手、競技者としての音楽の選曲から伴奏音楽の世界へ傾倒していく。 音楽経験は無かったが、大学在学中に独学で作曲活動を始める。 卒業後、hideo kobayashiにトラックメイキングの基礎を学び、競技系ダンス全般の伴奏音楽制作を本格的に開始、さまざまなジャンルの音楽を取り込み、元踊り手としての感覚から映像との一体感に重きを置く独自の音楽性を築く。
代表作:ドラマ「あさが来た」「リーガルハイ」シリーズ「ストロベリーナイト」シリーズ、アニメ「ハイキュー!!」シリーズ「僕のヒーローアカデミア」「ガンダムビルドファイターズ」、映画「ONE PIECE FILM GOLD」「青空エール」「エイプリルフールズ」 他多数

Ken Arai

2003年Kaori Okanoとのユニットtransluvでデビュー。以降、西野カナ、KAT-TUN、野宮真貴、Lisa、Double、Ryohei、moumoon、リア・ディゾン、MAX、Olivia Ong、Cover Lover Project等、数々のプロデュース、プログラミング、アレンジ、REMIX、楽曲提供等で関わるトッププロデューサー。既に13枚のオリジナルアルバムと19枚のEPをリリースしている。
フジテレビ『東京リトル・ラブ』、『鍵のかかった部屋』、『LAST HOPE』、『失恋ショコラティエ』、『トレース ~科捜研の男~ 』、日本テレビ系『寄生獣-セイの格率-』、TOKYO MX『スタミュ』、日本テレビ『トドメの接吻』、Netflix 『宇宙を駆けるよだか』等、数々のサウンドトラックを担当。現在はNHK『ピングー in The City』、が好評OA中。
また自身主宰のレーベルAddicted Tokyoからリリースしているa la i.名義による作品は常にダンスミュージックチャートでトップ10入りを果たしている。10月にリリースした最新作『Love Star』に引き続き、20枚目となるNewシングルを2020年春リリース予定。
2016年には初の中国ワンマンツアーを行い、全公演ソールドアウトし成功を収めた。
DJはEDM/エレクトロ・ハウスが中心で、カッティングエッジでアグレッシブなMIXが特徴。
今年デビュー17年目を迎え、自身の作品制作と並行し、CM、サウンドトラックを手がけるなど多岐に渡るプロデュースワークでその才能を発揮している。

ゼロウェイブ取締役

泉 清二

1970年1月7日生
日本を代表するサウンドデザイナー、選曲家
スポット ドラマ部部長を経て、NOISE設立、現ゼロウェイブ取締役
関西テレビ「がんばっていきまっしょい 関西テレビ アンフェア フジテレビ ライアーゲーム フジテレビ コードブルー フジテレビ 名前をなくした女神 日本テレビ 家政婦のミタ フジテレビ 鍵のかかった部屋 フジテレビ リッチマンプアウーマン フジテレビ ビブリア古書堂の事件手帖 フジテレビ オーマイダッドフジテレビ 失恋ショコラティエフジテレビ 天誅 フジテレビ ファーストクラス テレビ朝日 BORDER フジテレビ 信長協奏曲 関西テレビ 銭の戦争日本テレビ OO妻関西テレビ 戦う!書店ガールテレビ朝日 天使と悪魔
ボクの妻と結婚してください。信長協奏曲、県庁おもてなし課

株式会社クリーク・マネージャー兼ディレクター

中溝亜有美

音楽家のマネジメント及び背景音楽を中心とする音楽制作が主な仕事。 近年携わった作品は、羽岡佳が音楽を担当したTVアニメ「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」 / TVドラマ「孤高のメス」 / TVドラマ「主婦カツ!」 / 実写映画「のみとり侍」、未知瑠が音楽を担当したTVドラマ「炎上弁護人」 / TVドラマ「ラブリラン」 / TVドラマ「賭ケグルイ」、TVアニメ「刻刻」、石毛駿平が音楽を担当したTVアニメ「宇宙戦艦ティラミス」など。 山口ゼミ第6期生、劇伴作曲家コース1期生

榊原聡志

元々持っていた音響効果の経験に加えて、泉清二さんのもとでサウンドデザイナーとしての研鑽を積む。劇伴作曲から効果音まで行うユーティリティプレイヤーとして活躍中。株式会社ZEROWAVE所属
代表作:関西テレビ「後妻業」チェインストーリー(選曲、音響効果)、FOD「Ghost Town」(選曲)、テレビ朝日「私のおじさん」(音響効果) 山口ゼミ第13期生、劇伴作曲家コース2期生

過去のゲスト講師

劇伴作曲家

KenArai、富貴晴美、MAYUKO、末廣健一郎、徳田真裕、羽岡佳、横山克、平沢敦士、 KOHTA YAMAMOTO、橘麻美

サウンドデザイナー・レコーディング・エンジニア

泉清二、葛島洋一、大森力也

プロデューサー・マネージャー

岩﨑充穂/ミラクル・バス、堀口 泰史/レジェンドア、矢島潤一/クリーク、大里和生/フジパシフィックミュージック

プロ作曲家への道のり

CO-WRITING FARM 劇伴作曲家コース フジパシフィックミュージック

山口ゼミの受講について

プロ作曲家養成講座 山口ゼミ「劇伴作曲家コース」はプロ作曲家養成講座「山口ゼミ」受講経験者のみ申し込みができる講座です。
 劇伴作曲家コースは、劇伴にフォーカスして実践的な内容の講座を行いますが、プロの劇伴作曲家として活動するためには、日本の音楽業界の業界慣習や著作権などの知識が必須です。そのため、劇伴作曲家のコースの受講条件が、山口ゼミ受講経験があることとなっています。ゲスト講師の方やオーガナイザーから、業界内でしか知りえない、インサイダー的な情報を知るケースがあるというのが大きな理由です。是非、山口ゼミの受講もセットで行い、音楽家としての知識とスキルアップに役立ててください。
 また、山口ゼミはJポップ、いわゆる歌ものでの作曲家になることを前提にいている講座ですが、これからの劇伴作曲家にとって、歌ものの作曲のスキルも重要であると山口ゼミは考えています。

→ 山口ゼミの詳細はこちら

募集概要

受講料(予価)98,000円(月1回×9回)
※オンライン指導や懇親会などへの参加資格を含む。
時期2020年6月20日(土)〜全9回

山口ゼミ未受講で劇伴コースを受講を希望される方は、プロ作曲家養成オンライン講座〜山口ゼミ〜2020年春期を受講して下さい。
受講修了生が、2020年の劇伴作曲家コースの受講資格が得られます。

劇伴作曲家は音楽業界への理解力が求められる仕事です。山口ゼミで日本の音楽業界の仕組みや業界慣習、J-POPについても学ぶ機会にしてください。


YouTube

卒業生紹介