コンテンツクリエイター専攻 

コーライティング・ワークショップ 2019年12月7日(土)・2020年1月18日(土)

複数人で作曲を行う「コーライティング」をテーマにした実践形式のワークショップです。受講生にCWFメンバーの作家をまじえたチームを編成し、実際に楽曲コンペに出す楽曲を1曲完成させます。

実施要綱

主催 東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ
企画協力 株式会社CWF
日時 1日目:2019年12月7日(土)14:45開演、16:15終了(90分)
2日目:2020年1月18日(土)12:00開演、12:30終了(30分)
※2日で1セットの講座となります。
※1階玄関にて入館受付を行います。建物への入館受付は30分前、教室の入室は15分前からになります。
それより以前には建物、教室には入ることは出来ません。
会場 東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ
東京都新宿区下落合1-1-8(東京アニメーションカレッジ専門学校内)
※会場についてのお問合せはメールにて kouza@tcpl.jp までお願いいたします。
  アニメーションカレッジでは対応しておりません。
アクセス http://www.tcpl.jp/access/ JR高田馬場駅から徒歩5分
内容 1日目:受講生とCWFメンバー顔合わせ。コーライティングの心得や進め方等について簡単にレクチャーを受けたあと、参加者を数人ずつのチームにわけ、ミーティング開始。チームごとにターゲット(実際に楽曲提供可能なアーティスト)やリファレンス(オリジナルな楽曲を作るための、全員のイメージを一致させる参考楽曲)を設定。メンバーごとのおおまかな役割分担も話し合っておくとよいでしょう。

初日はミーティングのみとなる予定です。実際の作曲〜完成までのプロセスは、1日目と2日目のあいだの期間に、作曲家向けSNS「Co-Writing Studio」でオンラインで進めていただきます。

2日目:各チームが制作した作品を披露する「デモ試聴会」を開催し終了となります。楽曲はCWFメンバーが管理し、適切なチャンス、タイミングで実際の楽曲コンペやクライアントへの提案に使われます。

監修 yamazemiphoto
山口 哲一(やまぐち のりかず)
音楽プロデューサー/エンターテック・エバンジェリスト/スタートアップスタジオ(株)VERSUS代表取締役「デジタルコンテンツ白書(経産省監修)」編集委員、i専門職大学(2020年開学予定)客員教授、プロ作曲家育成「山口ゼミ」主宰。 著書『コーライティングの教科書』など著書多数

ito
伊藤 涼 Ryo Ito
音楽プロデューサー/ソングライター
(株)マゴノダイマデ・プロダクション代表取締役、(株)CWF代表取締役、リリックラボ主催、プロ作曲家育成「山口ゼミ」副塾長。著書『作詞力』『コーライティングの教科書』。

講師
ペンギンス
作曲家/作詞家/編曲家/ボカロP/キーボーディスト。早稲田大学在学中の2008年よりボカロPとして活動開始。2009年よりITコンサルタントとして勤務後、2015年に独立、プロ作曲家として活動開始。音楽クリエイター集団「Co-Writing Farm」にてコーライティングの日々。欅坂46「語るなら未来を…」miracle2「Catch Me!」Girls2「恋するカモ」他、楽曲提供多数。
受講料 全2回 事前振込:5,000円(税込)
当日現金支払い:5,500円(税込)

事前振込み→受付後にお振込み先をお知らせいたします。
※お支払いに、クレジットカードはご利用いただけません

割引 プロ作曲家養成講座「山口ゼミ」修了生は20%割引
※お申込みフォームに受講した期をお書きください。
※知的財産管理技能士会会員割引、学生割引は対象外です。
定員 10名(最少催行人数1名に達しない場合は開講を中止する場合がございます)

この講座に応募する