2019年01月18日

中野ICTCO スタートアップ支援プログラム

中野ICTCOスタートアップ支援プログラム

(一社)中野区産業振興推進機構(ICTCO)は、中野区の地域の魅力を「ICT×コンテンツ」の力で革新し、新しい時代の文化を牽引する産業振興拠点として、地域活性化を行ってきました。
今回、中野区の地域特性や立地を生かした企業を産み出し、促進する取り組みとして、「スタートアップ支援プログラム」を実施致します。

ビジネスコンテストですと、応募者からのアイディア/事業企画での判断になりますが、今回の支援プログラムでは、応募された事業計画をメンターのアドバイスでブラッシュアップし、また具体的な事業化に向けての経営ノウハウの提供や、人脈の提供、融資や投資などの検討も行い、事業者がより早く成長するためのバックアップを行います。

昨今は大企業主体でもアクセラレータープログラムという名称で業務提携も視野に入れたスタートアップ支援が行われてきています。今回のプログラムは起業家を育てるだけでなく、応援するメンターも学びを深めていくことで、中野区における起業の速度を高めていきたいと考えております。

主催:(一社)中野区産業振興推進機構(ICTCO)
運営協力:東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ

中野ICTCOスタートアップ支援プログラムとは

中野ICTCOスタートアップ支援プログラムでは、ICTCOが力をいれている領域、「ICT・コンテンツ・アート・ライフサポート」をメインテーマに“中野”から未来を創造する起業家・事業家を募集します。

応募条件 法人は創業から7年以内、個人事業、企画段階での独立志望者も可能。
応募方法 1000字以内での事業説明及び事業計画書(フォーマットは問いません)を添付の上、メールにてご応募ください
申込みアドレス:seminar@ictco.jp
募集期間(2次公募) 2019年2月5日(火)〜2019年2月20日(水)
参加メリット オフィス利用、メンターネットワーク、事業連携、人材支援

全体スケジュール

第一回勉強会 2019年1月31日(木)第一回勉強会
「アクセラレーター手法を活用した事業・組織変革に向けて」
※講師による講演の後、中野ICTCOスタートアップ支援プログラムの説明を行います。

会場:NAKANO ICTCO【一般社団法人 中野区産業振興推進機構】
東京都中野区中野4-10-1 NAKANO CENTRAL PARK EAST 1F
※JR中央線、JR中央・総武緩行線、東京メトロ東西線、中野駅北口下車 徒歩約5分(中野駅、中野区役所、中野サンプラザより徒歩約5分)
https://ictco.jp/access.html


加藤由将氏(東京急行電鉄 東急アクセラレートプログラム運営統括)
東京急行電鉄株式会社に入社。2009年、社内新規事業として不動産・建築業界のマッチングビジネス「東急電鉄 住まいと暮らしのコンシェルジュ」のコンセプトデザインから現場運営まで携わる。2012年、青山学院大学大学院国際マネジメント研究科(MBA)で「ビジネスプランニング(アントレプレナー)」を専攻し、ベンチャーに関する研究を開始。2015年、渋谷を中心としたグローバルなイノベーション拠点を形成することを目標とし、再開発に併せたベンチャーエコシステムを構築するため、東急グループとベンチャーとの事業共創プログラム「東急アクセラレートプログラム」を立ち上げ、運営統括を務める。東急電鉄 事業開発室プロジェクト推進部課長補佐。

※勉強会だけの参加も可能です。件名に「スタートアップ支援プログラム第一回勉強会希望」と記載し、seminara@ictco.jpまでお名前・電話番号を記載した、メールをお送りください。

第二回勉強会 2019年2月7日(木)第二回勉強会
「ICTの進化による今後のコンテンツビジネスの可能性」

会場:NAKANO ICTCO【一般社団法人 中野区産業振興推進機構】
東京都中野区中野4-10-1 NAKANO CENTRAL PARK EAST 1F
※JR中央線、JR中央・総武緩行線、東京メトロ東西線、中野駅北口下車 徒歩約5分(中野駅、中野区役所、中野サンプラザより徒歩約5分)
https://ictco.jp/access.html


森 祐治氏(電通コンサルティング 代表取締役)
大学教養学部卒業後、日本電信電話(NTT)を経て母校の大学院博士前期課程修了。同大助手を経て、米国のGolden Gate University, Graduate School of Technology Management(MBA)及びNew York University, Steinhardt School (Ph.D)へ奨学生として留学。帰国後、大学院国際情報通信研究科で博士後期課程単位取得修了。 米国滞在中にベンチャー創業・売却を経験。日米のマイクロソフトを経て、マッキンゼー・アンド・カンパニーへ。その後、アニメなどへのコンテンツ投資・プロデュース会社の代表に転ずる。設立したファンドの償還に伴い、電通コンサルティングに参加。2017年より現職。

※勉強会だけの参加も可能です。件名に「スタートアップ支援プログラム第二回勉強会希望」と記載し、seminara@ictco.jpまでお名前・電話番号を記載した、メールをお送りください。

発表会 2019年3月6日(水)中間発表会

2019年3月19日(火)成果発表会

プログラムメンター

菊池 尚人
慶應技術大学大学院メディアデザイン研究科特任教授。一般社団法人 融合研究所 所長。CiP協議会専務理事(CiP Fund アドバイサリーコミッティー) 

山口 哲一
吉本興業100%出資のスタートアップスタジオ、VERSUS株式会社 代表。
エンターテック・エヴァンジェェリスト/音楽プロデューサー「デジタルコンテンツ白書」(経済産業省監修)編集委員 経済産業省「平成30年度コンテンツ産業新展開強化事業」検討委員、START ME UP AWARDS 実行委員長。

須貝 利喜夫
矢野経済研究所 事業創造コンサルティング部 主席研究員。一般社団法人中野区産業振興推進機構監事。全国の自治体からの依頼によるベンチャー・中小企業支援業務などを行っている。

吉野 弘毅 
西武信用金庫 法人推進部 創業支援担当
各支店勤務を経て、府中支店開設に従事する。その後2013年から2年間(一社)首都圏産業活性化協会に出向し、マッチング会開催等多数の中小企業支援行う。2015年4月より現職に就任。創業支援担当として6つの自治体と連携した「創業スクール」の開催や取引先企業の事業性評価業務に従事している。

小淵 康博 
西武信用金庫 法人推進部 創業・ソーシャルビジネス担当
3つの支店にて営業担当を経て2010年NPO法人ETIC.へ出向。ソーシャルビジネスのスタートアップ支援に携わり2012年4月現職に就任。ソーシャルビジネス支援、創業等の街づくり支援に従事。プロジェクト担当として2013年6月日本財団の「わがまち基金」の第1号連携先となり、西武ソーシャルビジネス成長応援融資「CHANGE」や街づくり活動助成金の企画推進を行う。

高橋 靖典
アーキタイプ株式会社代表取締役、東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ取締役、一般社団法人 藤野エリアマネジメント代表理事ほか。地域活性化団体や、コンテンツビジネスの事業企画などを行っている。